大容量の記録メディア

ハードディスクを内蔵しているiVDRは、記憶容量が大容量であることが特長です。地上デジタル放送やBSハイビジョン放送が、長時間録画できます。デジタルハイビジョン映像は、1時間の番組で約8GB~11GB*の記憶容量が必要です。従って、1TBのiVDRなら1本に、地上デジタルハイビジョン番組を約90時間~126時間、画質を落とさずに収録できます。さらに、iVDRに内蔵されるハードディスクの容量は年々、増大していく予定です。
*地上デジタルハイビジョン放送及びBS/CSデジタルハイビジョン放送をTSモードのハイビジョン(HD)画質で録画した場合。

ハイビジョン画質で63時間収録

持ち運び易く、ライブラリとしてもコンパクトなiVDRカートリッジ

iVDRカートリッジは大きさが、タテ110mm、ヨコ80mm、厚み12.7mmというコンパクトサイズ。手のひらに易々と収まり、持ち運びも簡単です。ライブラリとして保管する場合も、場所を取りません。


ページトップ


ページトップ