FAQ

iVDRコンソーシアムについて

  1. iVDRコンソーシアムに加入するメリットは何ですか?
  2. iVDRコンソーシアムの紹介カタログはありますか?
  3. iVDRコンソーシアムの規約を見ることはできますか?
  4. 現在、iVDRコンソーシアムにはどのような会社が加入していますか?
  5. iVDRコンソーシアムへの入会方法を教えてください。
  6. エグゼクティブ会員と一般会員の違いは何ですか?
  7. N.P.O.会員とは何ですか?
  8. 年会費はいくらですか?
  9. iVDRコンソーシアムの組織、運営体制はどのようになっていますか?
  10. iVDRコンソーシアムにはどのようなWG(ワーキンググループ)がありますか?
  11. iVDRロゴは、どういうときに必要ですか?
  12. iVDRロゴは、どうすれば取得できますか?
  13. iVDRコンソーシアムに関して、より詳しい情報が欲しい場合は、どうすればいいですか?

Q:iVDRコンソーシアムに加入するメリットは何ですか?

A:iVDR規格(正規版)、関連技術資料を入手でき、規格に準拠した製品の開発、製造、販売ができます。また、製品の宣伝、プロモーション等のマーケティング活動に、iVDRロゴが使用できます。コンソーシアム会員同士で開催されている各種WGへの参加も可能となります。

ページトップ

Q:iVDRコンソーシアムの紹介カタログはありますか?

A:あります。
iVDRコンソーシアムの紹介カタログをご覧ください。 [PDF:297KB]

ページトップ

Q:iVDRコンソーシアムの規約を見ることはできますか?

A:できます。入会方法のページでPDFをダウンロードしてください。

ページトップ

Q:現在、iVDRコンソーシアムにはどのような会社が加入していますか?

A:日本、欧米、アジアの電機メーカー、車載機器メーカー、商社などが主な会員となっています。詳細はコンソーシアムの概要/会員会社一覧のページをご参照ください。

ページトップ

Q:iVDRコンソーシアムへの入会方法を教えてください。

A:入会資格は法人のみです。関連機器メーカー、コンテンツホルダー、放送/通信、研究・教育機関など幅広い業界から、本会の趣旨にご賛同頂ける参加企業を募集しています。詳細は入会方法のページをご参照ください。

ページトップ

Q:エグゼクティブ会員と一般会員の違いは何ですか?

A:エグゼクティブ会員:当コンソーシアムの運営及び規格採決の議決権があり、WG(ワーキンググループ)活動に参加することができます。また、エグゼクティブ会員は、iVDR Consortium 規約 第14条により、非常任理事(任期3年)に立候補する権利を有します。
一般会員:議決権はありませんが、WG(ワーキンググループ)活動に積極的に参加することができます。

ページトップ

Q:N.P.O.会員とは何ですか?

A:営利目的ではなく、社会的公共的な目的で事業活動を行っている非営利研究機関などNPO(Non Profit Organization)法人を対象とした会員制度です。年会費は無料ですが、入会時にN.P.O.法人を証する公的機関の証明書類をコンソーシアム事務局に提出する必要があります。N.P.O.会員は、展示会デモや学会発表等、公な場でiVDR試作品などへiVDRロゴの表示が可能ですが、それらのPR活動についての報告、あるいはiVDRについての研究や評価の年次報告が義務付けられています。
詳細は入会方法のページをご参照ください。

ページトップ

Q:年会費はいくらですか?

A:年会費は、エグゼクティブ会員:50万円、一般会員:30万円です。N.P.O.会員は無料です。
会計年度は4月から翌年3月で、更新は1年単位です。途中入会の場合でも会費は上記金額となります。毎年、12月から1月に更新の請求書を送付します。
詳細は入会方法のページをご参照ください。

ページトップ

Q:iVDRコンソーシアムの組織、運営体制はどのようになっていますか?

A:議決機関として年一回の総会があります。また、理事会社による理事会を月一回程度で開催して運営上の案件の討議、決定を行っています。日々の業務推進に事務局が設置され、各WGがテーマに応じて規格策定、規格推進等の活動を行っております。
詳細はコンソーシアムの概要/組織構成・役員のページをご参照ください。

ページトップ

Q:iVDRコンソーシアムにはどのようなWG(ワーキンググループ)がありますか?

A:iVDRコンソーシアムには以下のWGがあります。

  • ハードウェアWG
  • ファイルシステム・アプリWG
  • セキュアWG
  • 国際標準化WG
  • サービスWG
  • プロモーションWG

入会するとすべてのWG活動に参加できます。詳細はコンソーシアムの概要/組織構成・役員のページをご参照ください。

ページトップ

Q:iVDRロゴは、どういうときに必要ですか?

A:iVDR規格に準拠している製品にはiVDRロゴが付与されます。ユーザーにとっては製品に互換性があることの証明となります。製品発売前に、コンソーシアム事務局へ申請していただき、規格が準拠していることを確認します。確認が完了した製品にのみiVDRロゴが表示できます。

ページトップ

Q:iVDRロゴは、どうすれば取得できますか?

A:iVDRロゴはコンソーシアムの会員にならないと取得できません。当コンソーシアムに入会後、事務局へ申請をしてください。製品発売の際、または展示会で試作品やカタログ、パネル等にロゴを表示する際は、事前に事務局に申請して許可を得てください。詳細はお問い合わせフォームで事務局へお問い合せください。

ページトップ

Q:iVDRコンソーシアムに関して、より詳しい情報が欲しい場合は、どうすればいいですか?

A:お問い合わせフォームで事務局へお問い合せください。

ページトップ


ページトップ