iVDR国際標準化(IS化)活動

国際標準化(IS化)の背景と推進目的

(1)国際標準化をめぐる国際環境の変化

  • WTO/TBT協定の発効(1995年)と中国の加盟(2001年)により、国際標準化の重要性・意義が向上した。
  • 原則として国際規格(ISO/IEC等)を基礎として調達を検討することが義務づけられた。

(2)国際標準化の戦略的な利用

  • 国際環境の変化に伴う、新たなビジネスチャンスとして活用する。
    1. iVDR技術(研究開発成果)の普及促進
    2. iVDR製品の貿易促進・国際調達時の優位性確保
    3. 産業競争力の強化・競争環境の整備

iVDR国際標準化(IS化)推進活動の状況

(1)IS化推進対象

(2)IS化推進国際機関

  • JTC 1/SC 23/WG 6(国内事務局:一般社団法人情報処理学会 情報規格調査会)

(3)国際規格プロジェクト番号

  • ISO/IEC 29171

(4)IS化推進状況

  • 2008年12月CD及びFCD登録済み
  • 2009年4月FCD投票承認済み
  • 2009年7月FDIS登録済み
  • 2009年8月FDIS投票開始
  • 2009年10月FDIS承認    >>ニュースリリースを読む
  • 2009年11月IS出版    >>詳細
  • 2010年02月“国際規格開発賞”を受賞    >>詳細

これまでの経過と今後の予定

2007年10月
iVDRカートリッジをSC23(国内)へ提案
Ad hocを設立し、検討を開始
2008年6月
NP(WD含む)を SC23(国際)へ提案
2008年10月
NPSC23(国際)にて承認され、プロジェクト番号29171が付与
2008年12月
SC23総会とAd-hocが韓国で開催され、CD(CD29171)として登録
WG6が設立され、FCDとすべく、投票が開始
2009年4月
FCD投票承認
2009年6月
WG6のBRMは開催せず、電子メール審議実施によりFDIS完成
2009年7月
FDIS登録済み
2009年8月
FDIS投票開始
2009年10月
FDIS承認    >>ニュースリリースを読む
2009年11月
IS出版    >>詳細
2010年02月
“国際規格開発賞”を受賞    >>詳細
2010年以降
iVDR上位層のIS化 (検討中)

用語集

  • WTO:World Trade Organization(世界貿易機関)
  • TBT協定:Agreement on Technical Barriers to Trade(貿易の技術的障害に関する協定)
  • JTC 1:Joint Technical Committee 1
  • SC:Sub Committee(分科委員会)
  • WG:Working Group(作業グループ)
  • NP:New work item Proposal(新業務項目提案)
  • WD:Working Draft(作業原案)
  • CD:Committee Draft(委員会原案)
  • FCD:Final Committee Draft(最終委員会原案)
  • BRM:Ballot Resolution Meeting(投票解決会議)
  • FDIS:Final Draft International Standard(最終国際規格案)
  • IS:International Standard(国際規格)

ページトップ


ページトップ